1/1 ( 正解 問 ) 解答を表示
 中世の京都とその周辺について述べた文として正しいものを選べ。
① 院政期には、仏教を厚く信仰する天皇らにより、法勝寺をはじめとする六勝寺が造営された。 ② 鎌倉時代には、月行事を代表とする町組が形成された。 ③ 室町時代には、京と鎌倉の往来がさかんとなり、『十六夜日記』などの紀行文が書かれた。 ④ 戦国時代には、酒屋に対する幕府の課税が始まった。
2018日本史B 第3問 問2改




戻る 

大学受験チャンネルとは | 問合せ | 免責事項

PCモバイル