1/1 ( 正解 問 ) 解答を表示
 に入る語句の組み合わせとして正しいものを選べ。

 幕末期、幕府は西洋諸国に対抗するため軍制改革を行った。1862年の文久の改革においては、や京都守護職を新たにおくなど、幕府職制を変更するとともに、西洋式軍制を採用した。一方、攘夷論も強まる中で、戦争時における傷病兵の外科治療という課題も浮上し、幕府の西洋医学の教育機関である医学所は外科研究に力を入れた。またこのころ幕府は庶民からも兵を集めていたこともあって、庶民に患っている者が多かった性感染症の研究も行っていた。
 明治維新期、戊辰戦争の傷病兵治療で西洋医学の必要性がますます明らかとなり、明治政府は学術試験を課すなどして軍医の質をはかった。1871年のでは諸藩の軍隊を解体した。その後徴兵令を発布したが、これに先立ち、軍医は成人男子の身長を調査し、徴兵に適した体格の標準値を策定していた。
① ア 政事総裁職 、イ 版籍奉還 ② ア 政事総裁職 、イ 廃藩置県 ③ ア 議定 、イ 版籍奉還 ④ ア 議定 、イ 廃藩置県
2018日本史B 問5 第1問




戻る 

大学受験チャンネルとは | 問合せ | 免責事項

PCモバイル