1/1 ( 正解 問 ) 解答を表示
 下線部①について述べた文として正しいものを選べ。

A ①シク教は、西北インドの農村地域を中心に広がった。その教団はムガル帝国との対立を通して武装化し、18世紀には、ミスルと呼ばれる複数の共同体が形成された。19世紀初頭に、ランジート=シングがそれらのミスルを統合して、ラホールを②首都とするシク王国を築いた。彼は、シク教徒だけではなくムスリムやヒンドゥー教徒を重用し、さらにヨーロッパ人③将校を雇い入れて近代的な軍隊を整備して、周辺地域を次々と征服した。シク王国は、シク教徒の組織に支えられながら、多様な人々を取り込み、一大政治勢力となったのである。
① ナーナクによって創始された。 ② シヴァ神と主神とする。 ③ ヒジュラ(聖遷)の年を紀元とする暦を用いる。 ④ 中国で景教と呼ばれた。
2018世界史B 第2問 問1




戻る 

大学受験チャンネルとは | 問合せ | 免責事項

PCモバイル