1/1 ( 正解 問 ) 解答を表示
 下線部⑦に関連して、宗教に関わる出来事について述べた文として正しいものを選べ。

C アラビア半島では、18世紀に⑦イスラームの改革を唱える運動が起こった。神秘主義や聖者崇拝を墜落したものとみなして「預言者の教えに戻れ」と主張する派は、同半島の中央部に拠点を持つ家と同盟を結んで王国を建国した。イスラームの改革運動は他の地域にも広がり、19世紀になると、反植民地運動に組み込まれるケースも見られた。イギリスによって⑧占領されたエジプトやスーダンでもムスリムの抵抗運動が起こり、これらの地域での滞在経験を持つイギリス人作家W.S.プラントは、『英国エジプト占領秘史』などを著して、抵抗運動を起こしたムスリム諸集団に同情を寄せた。
① エフェソス公会議で、ウィクリフが異端とされた。 ② バングラデシュで、イスラーム同盟(サレカット=イスラーム)が、独立運動を展開した。 ③ 隋で、白蓮教徒の乱が起こった。 ④ カージャール朝で、バーブ教徒が蜂起した。
2018世界史B 第2問 問8




戻る 

大学受験チャンネルとは | 問合せ | 免責事項

PCモバイル