1/1 ( 正解 問 ) 解答を表示
 『登土信仰が 階層を問わず多くの人々の心をとらえるようになった。』に関連して、浄土信仰の興隆やその背景について述べた文として誤っているものを一つ選べ。
① 末法思想が広がるなか、11世紀なかばに平等院鳳風堂が建てられた。 ② 空也は、京の市中で念仏を唱えて往生を説き、阿弥陀信仰を広めた。 ③ 定朝は、一木造の技法を考案して、仏像の大量需要にこたえた。 ④ 院政期には、豊後の富貴寺大堂など、阿弥陀堂が地方でも建てられた。
2017日本史B 第2問 問5改




戻る 

大学受験チャンネルとは | 問合せ | 免責事項

PCモバイル